2017年7月25日 (火)

近所に新しい歯医者がオープンしました。

行かなくて済むのであれば、行きたくないと思うのが病院です。しかし病気などにかかって治療をする前に、予防や検診として通うことは重要なことだと思っています。
先日近所に歯医者がオープンしました。私は定期的に虫歯になるので、よくお世話になりますが今まで通っていたところよりも自宅から近いので、今度虫歯ができたらそちらの方に通院しようと思っています。
開業したばかりなので評判はわかりませんが、とても綺麗なのでもしもの時はお世話になりたいと思ってしまいました。歯医者を選ぶ条件としては、通いやすい場所や痛みが少ないことが挙げられると思います。しかし治療は怖いイメージが強いので、少しでもそのような気持ちを軽減してくれるというのも私は重視します。
院内が綺麗だと病院という感じがあまりしないので、恐怖心も少なく治療に臨めると思います。大学病院にしても最近はとても綺麗で驚きます。病院なのに飲食店も充実しており、街で買い物をしているような感覚であまり恐怖心がありません。
やはり見た目や雰囲気は大事だと思います。できることなら虫歯にならずに行かずじまいであってほしいですけどね。

2017年6月25日 (日)

往復8時間かけて歯医者に通っています

非抜歯矯正歴3年、下のみリテーナーで金属とピンクの部分のタイプのものを使っています。
前々回の調整で上の正中線も揃い、前回の調整で3か月くらいキープしたら外しましょう!と言って頂けました。
…が、ここにきて正中線がずれてきてしまいました。今まで力をかけていた方向にまだゴムがかかっている状態で敢えて後戻りを防ぐ為なのかな、と思ってましたが不安になってきました。
先に外れた下も左の2番が出てくる形で後戻りをしていて正中が左寄りになってしまっています。(上も左寄りです。)こっちに合わせているのかなと思いながらも全体で見たときずれているのが気になります。
あと前回、新人の方が先生の指示でワイヤーとゴムをかけてくださいましたが、その日から左上のワイヤーが端から飛び出たままです。今まで口内炎にもほとんどならなかったのに奥歯3本位ずつすれて口内炎になっています。正中のずれもあってすごく気になっています。
私は矯正途中で旦那の転勤で他県に移り、毎月の調整の為に1万円(調整代別)と往復8時間かけて歯医者に通っていますので気になってもなかなか行けません。

2017年5月25日 (木)

歯医者選びはよく検討しなければいけない

 歯医者にもいろいろなタイプがあり、一概にどんな歯医者が優れているのかを判断することはできず悩んでしまいます。
 たとえば、私が住んでいる街にも昭和の時代からやっているような雰囲気の昔ながらの歯医者もあれば、つい最近できたばかりの真新しい歯医者もあります。どちらかといえば真新しい歯医者のほうが多いので、そちらのほうが通うのに現実味はあるのですが、だからといって歯の治療で優れているということにはなりません。
 まだ開業したばかりの歯医者は歯医者としてのキャリアがあまりないのかもしれないので、そういう点においては割り引くこともできます。ただ、施設面に関してはそちらのほうが充実していますので、その点においては少なからずアドバンテージがあります。
 結局はまわりの評判やネットでクチコミを調べた上でどちらかに決めなければならないのですが、歯医者選びに悩んでしまうことは珍しくありません。ですから、よく検討した上で選択しなければいけないのです。
経堂 歯医者
無料ブログはココログ